体験施設

お菓子の家が可愛い!白い恋人パークにきたら白い恋人鉄道にのろう!

白い恋人パークに行くたびに乗車している「白い恋人鉄道」

園内を走る6車両編成の小さなミニ鉄道です。

お菓子の家が見られたり、トンネルを通るなど、子どもが楽しめる仕掛けがあっておススメですよ♪

今日は、乗ったら子どもが喜ぶこと間違いなし!の「白い恋人鉄道」にスポットを当てて紹介しますね。

白い恋人パークの白い恋人鉄道

白い恋人パークの鉄道は、駐車場入り口近辺を走る6車両編成の小さな鉄道。

乗り場で直接切符を購入することができます。

ベビーカーは係の人に預けることが可能です。

「しらかば駅」という駅の看板もあって、中々本格的ですよね。

▼白い恋人パークミニ鉄道の運行時間や料金▼

【運行時間】
9:20分~17:20分(20分間隔で運行)

【乗車料金】
大人300円、12才以下200円、2歳未満無料

【乗車所要時間】
約10分

子どもサイズの可愛い街並みで遊べるガリバータウンと、鉄道の乗車(1度のみ)、室内遊び場30分利用がセットになったお得なチケットの販売もありますよ。

▼ガリバータウン記事▼
「白い恋人パークのガリバータウン」ミニチュアのおうちが可愛い!水遊び場もあり

▼キッズタウン記事▼
白い恋人パークの室内遊び場「キッズタウン」はおもちゃが充実!|札幌市

小さな洞窟を通ったり、お菓子のおうちが見られる

乗車時間は10分ほどですが、白い恋人パークならではの可愛らしい風景や仕掛けがギュッとつまっています。

子どもなら誰しもが憧れるお菓子のおうちを通って…

木の間を進んで…

途中、洞窟の中へ!

なんだかちょっとしたテーマパークのようです。

長男が「怖い」と言って目を開けなかった「クマ」

確かに埋もれた様子がちょっと怖いかも(笑)

ガイドの方も一緒に乗車していて説明をしてくれるので、大人も子どもも楽しめました。

この鉄道のモデルは明治時代に北海道を初めて走った「弁慶号」と言われる蒸気機関車がモデルになっているそうです。

斜めになった柱を一生懸命なおそうとする、お菓子職人さんたちの奮闘ぶりも見られましたよ。

(お尻に注目!)

列車が通ると、係の方や駐車場の方まで、みんな手をふってくれるので子どもは大喜び。そんな心配りもまた温かく嬉しかったです。

乗り場近くには美味しいソフトクリームの売店も

乗り場すぐ横にはソフトクリームなどが販売されている売店もあります。

「白い恋人シェイク」がすっごく美味しかったです!

味はプレーン・チョコ・ストロベリー・コーヒー&チョコの4種類。おススメです♪

もちろん、ソフトクリームも絶品ですよ!小さい子と分けて食べるなら、ジャンボサイズもあります。

乗車まで少し時間があるというときに売店があると便利ですよね。ベンチがあるので座って食べることもできますよ。

白い恋人パークの住所や営業時間などの詳細

白い恋人パークの住所や営業時間などの詳細です。

  • 住所
    北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36
    (車・地下鉄・バスでのアクセス詳細はこちらをチェック)
  • 電話
    011-666-1481
  • 営業時間
    9:00~20:00
    ※施設により営業時間は変わります
  • 駐車場
    あり(無料)
  • 公式HP⇒白い恋人パーク
白い恋人パークは2019年7月12日から、チョコレートエンターテインメント施設として、リニューアルオープンします!
チョコの魅力をもっと感じることのできる施設や、以前からあった売店も売り場面積が大きくなるそうです。

リニューアルオープン楽しみですね!
ますます白い恋人パークに通うことになりそうです。

関連