札幌・札幌近郊

円山動物園の外の遊び場「まるっぱ」は遊具が充実した楽しい広場

今日紹介するのは、円山動物園の園内にある外の遊具広場「まるっぱ」

まるっぱはプレーリードッグの巣穴を再現した遊具や、空中散歩ができる遊具など、楽しい遊具がたくさんの遊び場です!

円山動物園の外の遊び場「まるっぱ」の遊具紹介

「まるっぱ」は円山動物園の西門のすぐそば、オフィシャルステーションの裏側にあります。

遊具は、ジャングルコンビネーションと呼ばれる大型遊具がどどん!

階段を上ると、ネット部分を乗り物にのって空中散歩のように渡れる所があるんです。

乗ったら自分でロープをひっぱって移動するシステム。小さい子だとその操作が少々難しいかもしれません。向こう側に上手く渡れずに困っている子もいました。

また、芝生になった大きな山のような遊具もあり、お尻で滑ってはしゃぐ子どもたちがたくさんいましたよ。

裏側はプレーリードッグの巣穴をイメージした「通路」があります。

この遊具のすぐそばに、スプリンクラーが設置されている東屋があります。

この日は気温が30度近くあったので、このスプリンクラーのところではしゃぐ子多し。濡れてしまってる子もたくさんいました。

我が家の子どもたちも例外なくびしょぬれに…。1セット着替えを持ってきていたので、叱らずに温かく見守ることができました。私グッジョブ(笑)

 

フェンスで囲まれている小さい子用の遊び場もありますよ。

動物園の中にこんな素晴らしい遊び場があることがとっても嬉しいです。

こうやって子どもの楽しそうな笑顔が見られると、どんなに暑い日でも、寒い日でも、育児に疲れた日でも、連れてきてよかったな~ってなるんですよね~。私も親になったもんだ(しみじみ)

新しくできたゾウ舎へ潜入

ここで少しゾウ舎を訪れた記録を。

新しくできたゾウ舎は、11時オープンに合わせてたくさんの人が並んでいました。

あまりの行列から、今日は見れないかもな、なんて諦めモードに入っていましたが、40分後くらいに通った時は並んでいる人は1人もいなくすんなり入れました。

子連れで行くならオープン時は避けた方がゆっくり見られると思います!中の通路は広いのでベビーカーでも全然問題ないですよ。

初めてのゾウを見た次男は大興奮でした!

「ゾウしゃ~ん!」とベビーカーから身を乗り出して必死で見てました。

タッチパネルもあってゾウの生態がわかりやすく展示されていましたよ。

親子で初めてのゾウを見て大はしゃぎでした!

まるっぱ近くのオフィシャルステーションで軽食販売あり

まるっぱのすぐ近くにあるオフィシャルステーションには、軽食の販売があります。

その中でも私が好きすぎて毎度購入するのが「円山揚げパン」です。

この揚げパン、本当美味しいんですよーーー!ふわっふわでもっちもち。

味はシュガー、シナモンシュガー、きなこシュガーの3種類。

細長い形になっているので、食べ歩きしやすく、口の周りが粉まみれになるのも軽減してくれます。

円山動物園に行った際には、まるっぱと動物たち、そして揚げパンをぜひ堪能してくださいね!

以上、円山動物園の「まるっぱ」の紹介でした。

円山動物園の場所や営業時間などの詳細

  • 住所
    札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
  • 電話
    011-621-1426
  • 営業時間
    3月1日~10月31日…9:30~16:30(最終入園16時)
    11月1日~2月末…9:30~16:00(最終入園15時半)
  • 休園日
    HPにて確認
  • 駐車場あり(有料)
  • 円山動物園HP
関連