レジャー施設

さけのふるさと千歳水族館は触れるタッチプールや水中観察ゾーンも!|千歳市

今回は、千歳にある「サケのふるさと千歳水族館」を紹介します!

淡水では、日本最大級の水槽を有する水族館です。

地下には水中観察ゾーンという、実際の千歳川の水中が観ることができる場所もありますよ。

千歳水族館の主役はサケ!淡水では日本最大級の水槽あり

千歳水族館の正式名称は「サケのふるさと千歳水族館」と言います。

名称のとおり、こちらの水族館の主役は「サケ」

産卵のために千歳川を登るサケの群れが見られる、「水中観察ゾーン」もあり、千歳水族館の大きな特徴となっています。

サケの他にも、北海道の淡水魚、世界の様々な淡水生物を観察することができるんです。なんと、淡水では日本最大級の水槽なのだそう。

入り口を入るとまず目に飛び込むのは、日本最大級の巨大な水槽が。

サクラマスやギンザケなど、たくさんの魚が泳いでいます。

魚に触れるタッチプールや釣り堀も!

体験ゾーンでは、チョウザメの赤ちゃんやウグイの仲間に触ることができます。

エサやり体験ができるコーナーもありますよ。

こちらはアメリカザリガニの釣り堀。子どもってこういったものが好きですよね。

なかなか釣れなくって最終的に私が挑戦しました。息子がじ~っと隣で釣れるのを期待して待っているので後に引けず…(笑)釣れるまで粘りました。

小さい子でもできる手作りのマグネットの魚釣りもありましたよ。

千歳川の水中が観察できる!水中観察ゾーン

千歳水族館には、珍しい「水中観察ゾーン」があります。

こちらでは、すぐそばを流れる千歳川の水中が観察できます。

自然のままの川の中を見ることって中々ないですよね。

小窓を見ると、千歳川にいる魚が観察できてとても興味深かったです。

9月~10月頃には遡上するサケの群れを見ることができますよ。

2階のサーモンルームでサケについて学ぼう!

2階には「なるほど!?サーモンルーム」という、サケについて学べるコーナーがあります。

サケを使ったレシピコーナーもあって面白かったです。

稚魚放流体験ができるイベントも!

3月~5月には稚魚放流体験ができるイベントが開催されます。子どもたちのいい体験になりそうですね。

イベント案内はこちらから確認できます➡イベント案内

サケのふるさと千歳水族館の場所や営業時間などの詳細

▽住所▽
北海道千歳市花園2丁目312

▽電話▽
(0123) 42-3001

▽駐車場▽
あり

▽営業時間▽
9:00~17:00

▽休館日▽
年末年始

▽料金▽
大人:800円
高校生:500円
小・中学生:300円
乳幼児:無料

▽公式サイト▽
サケのふるさと千歳水族館

▽子連れチェックポイント▽
授乳室あり

※最新情報はHPにてご確認ください

サケのふるさと千歳水族館を訪れた感想

北海道に住んでいると馴染みの深い「サケ」について、より深く学べる施設になっています。

日本初となる水中観察ゾーンも千歳水族館の大きな特徴ですね。

隣には子どもの遊び場がある道の駅「サーモンパーク千歳」もあるので、合わせて訪れてもいいですね🙂

以上、千歳水族館の紹介でした。

関連