体験施設

【三笠市立博物館】世界最大のアンモナイトや恐竜の全身骨格レプリカも!

今日は、三笠市にある三笠市立博物館の紹介です。

世界最大のアンモナイトの模型や、恐竜の全身骨格標本などが展示されていて、恐竜や大昔の生き物に興味のある子は楽しめること間違いなし!

親の私も知らないことばかりで一緒に楽しめました。

 

三笠市立博物館の紹介

三笠市立博物館の場所や開館時間などの詳細

三笠市立博物館の住所や閉館時間などの詳細はこちら。

三笠市立博物館の詳細
  • 住所:三笠市幾春別錦町1丁目212-1
  • 電話:01267‐6‐7545
  • 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、冬期間の祝日(12月~3月)、年末年始(12月30日~1月4日)
  • 飲食可→休憩コーナー
  • 多目的トイレあり
  • 公式HP

※新型コロナウイルスの関係で内容が変わっている場合があります。行かれる前に確認することをおススメします

博物館の中へ!!恐竜の骨格標本が大迫力!

では、さっそく中に入ってみましょう!

受付で料金を支払い入場します。

✓観覧料

  • 高校生以上・・・450円
  • 小・中学生・・・150円
  • 小学生未満・・・無料

※三笠市文化芸術振興促進施設・鉄道記念館との共通利用券あり
※特別展開催期間中は別途特別展観覧料が必要となる場合あり

新型コロナウイルスの関係で、入館時に代表者の氏名や住所、連絡先等の記録が必要になります。

さっそく「白亜紀の世界と化石」の展示室へ。

中に入ると別世界が広がっています。アンモナイトがたくさん!

こちらはモササウルスの全身骨格標本。

私はモサ?気いたことないな~といった反応だったのに対し、昔の生き物好きの長男は知っていたようで、「わ~!」と感動しておりました。

お次も息子大興奮のアロサウルスの全身骨格レプリカ。

う~む。全然わからない…。


ジュラ紀の大型肉食恐竜ですって。なるほど~。

これはなんだったかな~、忘れた・・・(笑)興味がないことは全く頭に入らない女です。

3歳の次男は、おおきなかたつむりー!とアンモナイトを見て一言。

こちらは世界最大のアンモナイトの化石をもとにして製作した、実物大の模型。

直径2.5mもあって、迫力満点でした。

他の展示室もあるのですが、うちの子たちはあこの展示室しか興味がなかったようで、足早に通りすぎたので説明は割愛いたします。

✓展示室一覧

  • 白亜紀の世界と化石
  • 郷土出身者の足跡(2室に分かれています)
  • 北海道の開拓と囚人
  • 炭鉱と人々のくらし
  • 森林資料展示室(分館)

 

レプリカ作りや化石発掘などの体験メニューあり

新型コロナウイルスが流行する前に行った時には、レプリカ作りができる体験メニューもありました。

夏休みのイベントだったのかな?

この他にも、2階で化石発掘体験をすることができましたよ。

軍手など全て貸出がありました。

現在はコロナの関係で行っていないようでした。

 

絵本やキッズスペースあり

1階には図書コーナー・キッズスペースも。

この他、恐竜の映像が流れているスクリーンコーナーもありましたよ。恐竜大好きっ子長男はここから中々離れず、見入っていました。

 

野外博物館あり

外には野外博物館もあります。

博物館を出て空を見上げると恐竜が!

我が家は行きませんでしたが、サイクリングロードになっていて、動植物や地層の観察ができるようです。

 

三笠市立博物館を訪れた感想

三笠市立博物館を訪れたのは2回目となります。

コロナの関係で、使用中止になっている設備や、触れることができない化石があったりと制限はありましたが、久々の遠出に楽しんでいた子どもたちでした。

恐竜や昔の生き物が好きの長男のために、博物館巡りをしている我が家。

▽こちらもおススメ!▽

「北海道博物館」は北海道の歴史が学べる施設。マンモス象やナウマン象や標本も|札幌市北海道博物館へ4才と2才児を連れていってきました。 北海道の歴史を学べ、北海道の動物の生態について知れたりとなかなか見ごたえのある...

新型コロナウイルスが流行で、全部まわる目標は達成できず。興味のあるうちに訪れたいな~と思っています。

事前に恐竜のことを下調べしていくとなお楽しめますね。

▽恐竜の図鑑▽

▽恐竜の絵本▽

 

三笠市の鉄道記念館も訪問したので、記事にしますね!

関連