体験施設

こぐま座で人形劇を観覧!隣の児童館では昔遊びやお絵かきも|札幌

先日、子どもたちと札幌市にある中島公園に行ってきました。

中島公園内には、「札幌市こども人形劇場こぐま座」という人形劇が観られる施設に行ってきました。

アットホームな雰囲気で、小さな子でも楽しめる場所となっています。

  • 子連れで行きやすいアットホームな雰囲気
  • オムツ交換台、授乳室あり
  • 地下鉄の駅からすぐ
  • 隣の児童館で昔遊びやお絵かきが出来る

こぐま座紹介!手作り感が温かい人形劇

こぐま座の場所

こぐま座は中島公園内にあります。地下鉄の駅からも徒歩5分と、公共機関からのアクセスもいいです。

専用の駐車場はないので注意が必要です。近く有料のコインパーキングがいくつかあります。

こぐま座はどんな施設?

こぐま座は、公立では日本で初めて造られた人形劇の専門劇場です。

壁に描かれたイラストがとっても印象的!この建物の中に劇場があります。

人形劇や腹話術、紙芝居などの上演を行っています。

隣には中島児童開館・こぐま座資料室「MA・SO・BO」があり、MA・SO・BOでは昔遊びを体験したりお絵かきなどができますよ。のちほど詳しく紹介しますね。

始まりは楽しげなメロディから。親子で人形劇を観覧

劇が始まる30分くらい前、こぐま座の建物のすぐそばで音楽がなりました。「人形劇が始まるよ~!」となにやら楽しい事が始まりそうな雰囲気に、子どもたちは興味津々!

うちの兄弟も、「ママ急いで!」と私の手を引いて急ぎ足でこぐま座の中へ。開演までまだ時間があったので、絶対飽きる!と思い、目の前の公園で遊ばせようと思ったのに…。案の定、下の子は始まる前に飽きてました。

ベビーカーは入り口か中の方で預かってくれました。係の人に聞くと案内してくれると思います。

入ったらすぐある受付で料金を支払います。

部屋へ移動すると、劇を観覧する部屋があります。

席は座布団が敷いてあるので、椅子の高さを気にすることもなく、リラックスして観覧することができます。

(はじまる前のお話)

今回の話は2話あって、トータルで1時間くらいでした。劇と劇の間に手遊びがあったり、子どもが飽きない工夫をされていましたよ。

私たちが見たのは「だいこんさんにんじんさんごぼうさん」、「だってだってのおばあさん」という人形劇でした。

人形劇は私自身初めて見たので、とても新鮮でした。人形たちの動きとセリフがぴったりで、人形がまるで生きているかのようでした。

隣の建物は児童会館。昔遊びやお絵かきも

こぐま座の隣は中島児童会館となっています。

こちらは、昔遊びが出来たり、お絵かきスペースのある遊び場があります。

建物の入り口は別にはなっていますが、こぐま座と中で行き来することができます。

写真を撮ってハガキに印刷される面白い機械や

お絵かきスペース。

こまやけんだまなどの昔遊びができるスペースもありますよ。

係の方がいて、遊び方などを教えてくれました。

オムツ替えができるお手洗いもあります。

こぐま座の住所や営業時間、駐車場などの詳細

こぐま座の住所や営業時間などの詳細です。

  • 住所
    札幌市中央区中島公園1番1号
  • 電話番号
    011-512-6886
  • 時間
    9時~17時
  • 会館日
    火曜~日曜
  • 休館日
    毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌火曜日)
  • 料金
    劇により金額が違います
  • 駐車場
    なし
  • 公式サイト

こぐま座を訪れた感想

今回親子とも初めて見た人形劇。まるで生きているかのような人形たちに子どもたちは目が釘付け。

途中で笑ったり驚いたりと、とてもいい経験になったと思います。

子どもが騒いだらどうしよう…なんて思っていましたが、万が一の時は反対側のドアから退出することも可能です。劇場内も子連れの方ばかりなので、気負わず観覧することができますよ。

建物の前は公園になっているので、前後で遊ばせるのもいいですね😁

親子で人形劇、ぜひ楽しんでくださいね♪

関連