水遊び・雪遊びスポット

清田区にある「ふれあいの森」の小川で水遊び!小さい子にもおススメ

夏と言えば水遊びですよね。札幌市内には無料で水遊びができる公園や施設がたくさんあります。

我が家も夏が来ると毎年これでもかというくらい利用しています。

がしかし。残念ながら、今年はコロナの関係で札幌市内の公園などの水遊び場の開放は未定となっているのです。

✓札幌市HP詳細 ・・・ 公園の対応について

ショックですよね!よく考えるとそりゃそうか、と納得なんですが。

さてさて。今年の夏はどこで遊ばせようか。

川なら遊ばせられるかな?と思い情報収集。いい場所を発見しました!

さっそく紹介しますね。

「ふれあいの森」の紹介!

今回紹介するのは、清田区にある「ふれあいの森」

ふれあいの森は、最大の市有林「白旗山都市環境林」の南部を自然と触れ合う場として整備し開放している場所です。

流れがゆっくりな小川もあり、水遊びにぴったり!

BBQコーナーや有明の滝、山歩きのコースもあって、色々な楽しみ方ができる場所になっています。

小さな子でも安心!小川で川遊び

駐車場に到着!

見てください、この風景を。

駐車場から道路側を撮影

だ・い・し・ぜ・ん!

車から降りた瞬間、蝉の鳴き声が聞こえて息子達ワクワク!昆虫大好き兄弟は「何のせみかな~?」とはしゃいでました。

駐車場は2か所あって、川遊び場に近い駐車場はふれあいセンター側の駐車場です。

駐車場から歩いて行くと橋がありました。

この橋の下の川では魚釣りをしている人がチラホラ。何が釣れるんだろう~?川の流れは少し早かったです。

川遊びの場所へはベビーカーで行くことも可能です。川遊びスポットから駐車場までは子どもと一緒に歩いて2分もかからないくらいでした。

到着!

川は小さな小川です。浅くて水の流れもゆっくり。幅も広くないので小さな子でも安心。

この写真には全然人が写っていませんが、11時頃到着で7組くらいはいましたね。

お昼を過ぎると人が少なくなりました。

岩場ではないので、水遊び用の靴がなくても痛くはなさそうです。水の中もさらさらした土。裸足で遊んでいる子も多かったです。

水は透き通るくらい綺麗でしたよ。

少し段になっている場所もあります。転倒には注意しましょう!3歳の次男はずかずか歩いてヒヤヒヤしました。

バケツやジョウロなどがあるとより楽しめます。船を作ってきて流して遊んでいる子もいましたよ。

虫網を持っている子もたくさんいました。

レジャーシートやテント持参の方が多かったです。我が家もワンタッチテントを持参。

子どもがいると、ワンタッチテントは本当に便利!日よけやおむつ替え、着替えや食事をしたりと毎年大活躍です。

水辺は日陰も多いので、テントがなくても問題ないと思います。カラスも全然いなかったので、食事中に攻撃される心配もなさそうです。

見渡す限り自然がいっぱい

森っていいですよね。マイナスイオンがいっぱい。

時間の流れがゆったりしていて、テントの中でぼ~っと景色を見ている時間が幸せでした。

なぜボ~っとしていたかというと、パパと子どもたちが探検に行くとどこかに行ったっきりしばらく帰ってこなかったから。

「どこ行ったんじゃい!」と携帯で連絡を取ろうとしたら「圏外」でした。久々に見たな圏外。たま~に電波がある時も。

我が家の男たちはフラフラとよく消えます・・・。

ふれあいセンターでは製作体験も!

川遊びができる場所のすぐ近くに「ふれあいセンター」という建物があります。

ここでは缶バッジ作りなどの製作体験を行っていました。

そうなんです。ここに息子達はいました。缶バッジを製作し私のことをすっかり忘れていたようです。

他にもえんぴつ立てやコースターの製作体験もあったそうな。(入室するにはマスク着用が必要になります)

体験料は無料!す、すごい。

BBQコーナーあり

ふれあいの森にはBBQコーナーもあります。

橋を渡ってすぐ、この写真の向かって左手側です。

炭と食材だけあればできるそうです。水場も近く使用料は無料。

現在はコロナの関係で使用禁止になっていますが、コンパクトな広場で使いやすそう!使用できるようになったら行ってみよう。

BBQコーナーのすぐ近くにお手洗いもあります。

BBQコーナーの近くにお手洗いがあると助かりますね。

ふれあいの森の場所などの詳細

ふれあいの森の場所などの詳細は下記の通りです。

  • 住所 ・・・ 札幌市清田区有明388番地、ほか
  • 駐車場 ・・・ 無料
    (ふれあいの森150台、有明の滝50台)
  • 川遊びができる場所あり
  • 問い合わせ先・・・札幌ふれあいの森管理事務所
    (011‐883‐8931)

 

まとめ

札幌市内の水遊び場が使用できないならば川はどうだ!と情報収集したらヒットしたふれあいの森。

行ってみると、大自然を感じられる景色に小さな子でも楽しめる小川。癒しの空間でした。いい場所を見つけたなと自分をほめてあげたいです(笑)

日陰が多いので真夏日でも風が心地よく涼むことができましたよ。ぜひ、水遊びなどを楽しんでくださいね。

関連