子育て

子どもの世界が広がる!ポピーを数ヶ月やってみた率直な感想

長男の幼稚園入園が決まってから、ずっと迷いに迷っていた幼児教材。

やっと決断し、7月からついにポピーをはじめました。

各社から資料請求!お試し教材を試してみた結果

私が迷っていた幼児教材は、「Z会」「チャレンジ」「ポピー」の3つ。

3つとも資料請求と教材を無料で試すことができました。

無料お試し教材の記事はこちらから⬇

https://hokkaido-lifelog.com/youzikyouiku

https://hokkaido-lifelog.com/learning

お試し教材を息子と一緒にやってみて、各社の学習の狙いやワークの内容、ボリュームを比較検討した結果、ポピーにすることにしました。

夏休み中は遊びネタに困ることだろう!と予想して7月号からはじめることに。

子どもの知りたい、やってみたい!にこたえてくれるワーク内容

内容は、毎月届くワークの冊子とママ向けの読み物。

7月は季節新聞と特別教材も入ってました。

こちらの特別教材は、ごっこ遊びができるものになっていて、とてもよかったです。

ポピーは子どもの成長に合わせた「知りたい」「やってみたい」にきちんと対応した教材だと感じます。

息子はワークが楽しいようで、1日1枚とはならず、1日で一気にやろうとします…。難易度としては、各社の教材よりも比較的簡単なワーク内容だと感じました。

ほほえみお母さんという冊子はママ向けの冊子。育児に関するコラムなどが参考になります。

ポピーをやってみて良かった点

ポピーを数カ月続けて感じた、ポピーをやっていて良かった点はこちら。

  • 季節や季節の行事に敏感になった。
  • 色々な物事の興味がますます広がった!
  • 自分で考えてやり遂げる楽しさを覚えた

親子で取り組むので、ワークをするたびに、「こんなこと知ってるんだ」「今はこれに興味があるのね」と母親の私も色々な収穫が。

次男が生まれてからは、2人だけでじっくり話す機会がめっきり減ったので、親子で向き合う時間って大切だなあと改めて感じました。

また、ポピーはおもちゃのような付録がついてこない所も気にいっています。

それ目当てになってしまうと、子どもが学ぶことを楽しんでいるのか、そもそもの目的がずれてきてしまうので、余計な付録はない方がいいと私は考えています。

ポピーのここはちょっと・・・な点

ポピーに関して、内容で残念な点はあまり見当たらなかったのですが、びっくりしたのは支払いが集金だったところ。今どき集金?なんて原始的!と驚きました。

集金だと、その日に自宅にいなければならないので、少し面倒だと感じました。

でも、ご安心ください。引き落としも可能です。ただ、支部によって違う可能性もあるので、確認が必要です。

現在は銀行引き落としにして、教材は玄関ポストに入れてもらうようにしています。

まとめ

ポピーをはじめてからは、子どもの知りたい欲・好奇心ってすごいな~と毎度関心させられます。

ポピーのワークはカラフルでみやすく、大人の私が見ても興味を惹かれる魅力的な作りになっています。

他の幼児教材よりも料金も続けやすい金額になっているので、その点も気にいっています。

本来ならば、親の私がそのときどきで息子の興味や「やってみたい!」にアンテナを張るべきなんだろうけど、下の子がいると中々そうもいきません。

そんな時に、育児のプロが監修して作られている幼児教材は育児の強いサポートになると感じています。

無料でお試し見本を取り寄せることができるので、まずは無料の教材をお子様と一緒にやってみることをおススメします😄

\ポピーのお試し教材はこちら/

幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!



関連